2013年01月05日

子どもの楽園のしかけ人―「大阪お伽倶楽部」と高尾楓蔭

連続講座「近代みのお・幼児教育の源流〜そして平成〜」
明治の終わりから昭和の初め、ここ箕面の地に子どもの世界をつくろうと、ユニークな幼児(児童)教育を展開したしかけ人たちがいました。「箕面動物園」を舞台とした「大阪お伽倶楽部」の活動、自然の中で子どもも親も育ちあう幼稚園教育、箕面初の常設保育所の取り組みなどを紹介しながら、箕面の幼児教育の原点を探るとともに、地域のあゆみの調べ方についても学びます。
講座009.jpg
posted by tta at 09:36 | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311607156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

子どもの楽園のしかけ人〜「大阪お伽倶楽部」と高尾楓蔭〜
Excerpt: 3−1−16.子どもの楽園のしかけ人〜「大阪お伽倶楽部」と高尾楓蔭〜 単 201
Weblog: 仕事蔵
Tracked: 2013-01-06 17:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。